プロミスの返済ができない状況になったら債務整理の利用を検討しよう

プロミスは、三井住友銀行の傘下のSMBCコンシューマーファイナンスが提供しているカードローンです。

女性や初めてお金を借りる方でも利用しやすいサービスを提供しているため、プロミスでお金を借りているという方も多くいます。

また初めて利用する方であれば、30日間の利息0円のサービスもあります。

土日祝日の借り入れも可能なサービスなので、土日祝日で銀行のATMだと手数料がかかる場合でも、利息0円の期間を利用してお金を借りることも可能です。

プロミス①

プロミスを利用する場合には、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。

実際に利用するメリットの1つが、スマホで申し込みから借り入れまで行えるという点です。

仕事が忙しくて無人契約機などに行く時間がない、パソコンを持っていないという方であっても、スマホだけで申し込みから借り入れが可能なプロミスであれば気軽に利用しやすくなります。

また24時間体制で申し込みに対応しているため、急遽お金が必要になったというタイミングでもプロミスでお金が借りられます。

さらにプロミスでは、返済手数料がかからないというメリットもあります。

インターネット決済や口座振替のほか、プロミスATMの利用など複数の返済方法が用意されていますが、どの方法を利用する場合でも返済手数料がかかりません。

そのため利息以外の手数料を支払う必要がなく、無駄な費用を支払うことなくプロミスを利用できます。

また女性の場合には、レディースキャッシングを利用することで安心してプロミスを利用しやすくなっています。

プロミス②

利用するメリットも多くあるプロミスですが、事故にあったもしくは失業したなどの理由で返済ができなくなってしまうこともあります。

返済ができない状況に陥った場合には、債務整理をするのも1つの手です。

債務整理の中でも任意整理はデメリットが少ないので、プロミスの返済ができない状況になったら、少しでも負担を減らすために任意整理を検討しましょう。

プロミスの任意整理をする最大のメリットが、毎月の返済の負担を減らせるという点です。

例えば返済期間を3年から5年に変更してもらって、将来の利息をカットしてもらうなどの交渉も可能です。

交渉が成功することによって、毎月の返済額の負担を減らせます。

また実際に任意整理をしたい場合には、司法書士や弁護士などの専門家に相談しましょう。

専門家に相談することで、収支を見直しながらどのような形で任意整理をするのが適しているのか一緒に考えてもらえます。

弁護士などが交渉を始めると、和解するまで借金の返済をしなくて済むというのも専門家に相談するメリットの1つです。

プロミス③

任意整理をするメリットの1つが、プロミスの借金における利息部分を減らせる可能性があるという点です。

実際にどのくらいの負担が減るかという点は、借入状況によって異なります。

しかし状況次第では、借金がゼロになるだけではなく、過払い金が発生するケースも見られます。

過払い金とはプロミス側に払いすぎていた利息のことで、過払い金が発生していたら、その分の費用は取り戻すことが可能です。

プロミスでお金を借りている期間が長い方ほど、借金を大きく減額できる可能性が高く、過払い金が発生することもあります。

借金がどのくらい減る可能性があるのか、過払い金が発生するのか気になるという場合には、1度弁護士や司法書士などに相談してみましょう。

最初の相談は無料で対応してくれるケースも多くなっています。

また債務整理にはいくつかの選択肢がありますが、その中でも任意整理は手続きがしやすいという特徴があげられます。

任意整理は手続きにかかる時間が少なく、手続きも弁護士などに任せておけば少ない負担で借金の減額が可能です。

プロミス④

プロミスの借金が返済できずに任意整理を利用したいと考えている場合、いくつか注意が必要なポイントが存在しています。

その注意点の1つが、任意整理を行うと信用情報機関に登録されてブラックリストに載る状態になることです。

ブラックリストに載ると、新たにカードローンでお金を借りたり住宅ローンを組んだりできなくなります。

任意整理は完済後5年ほどで信用情報から削除されるものの、一定の期間は新たにお金が借りられないというデメリットを理解したうえで、任意整理を検討することが大切です。

ブラックリストに載ったとしても、5年ほど経過すれば信用情報から削除されるので、新たな借り入れやローンの利用も可能です。

ですがプロミスの返済中に任意整理を行った場合、将来的にもプロミスを利用できなくなるかもしれません。

プロミスの返済中に債務整理をしたという情報は、プロミス内のプラックリストに情報が共有されることで、プロミスでは今後の取引ができなくなる可能性もあるという点を理解しておきましょう。

プロミス 債務整理まとめ

プロミスは初めての利用だと30日間の無利息期間が用意されている、女性専用のプランも用意されているなどの特徴があるカードローンです。

実際にプロミスを利用するうえではさまざまなメリットがある一方で、状況の変化などの理由で借入額の返済が難しくなってしまう方もいるでしょう。

返済が難しい状況になった場合には、債務整理を行って返済の負担を減らすことも可能です。

債務整理の中でも任意整理を行うことで、将来的に支払う利息を減らせる可能性があるだけではなく、払いすぎた利息があればお金が戻ってくるかもしれません。

また任意整理は債務整理の中でも手続きが手軽で、弁護士や司法書士などの専門家に必要な手続きも任せられます。

利息を減らせるだけではなく、返済期間を延ばしてもらうなどの交渉を任せることも可能です。

ただしプロミスの返済中に債務整理を行った場合、将来的にもプロミスでお金が借りられなくなる可能性があるので注意しましょう。

以上、プロミスの返済ができない状況になったら債務整理の利用を検討しよう…でした。

関連記事

NO IMAGE

ブラックリストに載る?人に知られる?債務整理のデメリットとは

NO IMAGE

債務整理の費用に困ったら「法テラス」を利用しよう

NO IMAGE

カードローンの仕組みはどうなっているの?債務整理との関係性を調査

NO IMAGE

レイクALSAは借り入れ最短1時間で初回無利息期間最大180日!

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる

NO IMAGE

債務整理デメリットを最小限に抑えるにはどのことに注意したらいいのか教えます!