債務整理のメリットにはどんな利点があるの?借金の返済に困った時の利用方法

借金の返済が難しい状況に陥った時に債務整理を選ぶメリットとは?

収入が大幅に減ってしまったり、多重債務に陥ってしまったり、様々な事情でこれ以上借金の返済を続けていくことが難しい場合は、債務整理を考えてみると良いでしょう。

債務整理は、国が認めている借金の救済措置で、手続きが完了すれば借金に関する悩みを軽減できる可能性があります。

借金問題で悩んでいる時に、債務整理という方法を選ぶメリットは、安全に借金問題を解決できることです。

返済が困難になった時、消費者金融など債権者から逃げることを考える人もいるでしょう。

しかし、逃げても様々な形で督促が来るだけでなく、返済をせずに放置する期間が長くなればなるほど、利息や遅延損害金が嵩み、余計に返済が困難な状況となります。

こうした悪循環を避けるためには、返済ができないと感じた時点で、債務整理の手続きを始めておくことが有効です。

債務整理を始めれば、業者からの督促を一時的に停止できるというメリットがあります。

さらに、手続きが完了すれば、これまでよりも借金返済が楽な状態となるため、落ち着いて生活を立て直していくことが

返済が困難になった時に債務整理の中でも任意整理を選ぶメリットは?

任意整理は、これまでの返済の中に過払い金がないかを確認したり、元金を返すことを約束する代わりにこれから先の利息をカットして貰えるように業者と交渉することで、返済しやすい状態を作る手続きです。

借入期間が長い人の場合、過払い金請求を行い、戻ってきた利息を返済に充てるだけで借金が完済したり、借金の悩みが大幅に軽減されることがあります。

将来的な利息カットの交渉が成功したとしても、元金の返済義務が残ることが殆どの任意整理ですが、手続きを行うための制限がなく、借金問題で悩んでいる人であれば誰でも手続きを行うことができます。

手続きを行えば、交渉をした消費者金融などから今後借入ができなくなる、信用情報に事故情報が記載されるなどのデメリットが発生しますが、債務整理の中では比較的デメリットは少なめです。

そのため、少しでもリスクが少ない状態で債務整理を行いたいという場合は、任意整理を選んでおくと良いでしょう。

債務整理の中でも返済額を減らせる個人再生を選ぶメリットとは?

(400文字くらい)

個人再生のメリットは、借金自体を大幅に減らせることです。

手続きを行うことができるのは、100万円以上の借金があり、減額後の借金を3年など一定期間で完済できるだけの安定した収入がある人です。

減額の対象となるのは100万円以上で、それよりも少ない借金の場合は手続きをしても減額措置を受けることはできません。

100万円を超えていても100万円から500万円までの借金の場合は、一律100万円までの減額となるため、金額によっては減額の恩恵が殆どない状態となります。

利用できる人が限られる個人再生ですが、浪費やギャンブルでできた借金であっても減額の対象になること、不動産や車など財産の処分を求められないことなどのメリットがあります。

住宅ローンが残っている人の場合、住宅ローンの特則を利用することで、マイホームを手放すことなく手続きを行うことが可能です。
財産を守りながら借金減額を目指したい時は、個人再生の手続きを考えてみると良いでしょう。

財産の処分などのリスクがあっても自己破産という債務整理を選ぶメリットは?

債務整理の中でも、最もリスクが大きいと言われる方法が、自己破産です。

自己破産のメリットは、手続きが成立すれば借金の返済義務自体がなくなり、消費者金融などからの督促に悩まされない生活を取り戻せることです。

借金自体がなくなれば、これから先の生活をどうやって立て直していくかなど、落ち着いて考える余裕が生まれることになるでしょう。

ただ、そのためには持ち家などの不動産があれば処分をして返済に充てなければいけない、信用情報に書かれた事故情報が消えるまでの間は新たに借入ができないだけでなく、クレジットカードが作れなくなるなどのデメリットも発生します。

ただ、処分する財産がない人や、クレジットカードがなくても生活ができる人であれば、それ程デメリットを感じることなく、手続きを進めていくことができるでしょう。

デメリットが多いと言われる自己破産ですが、減額されても借金を完済する自信がないという場合などは、返済義務自体がなくなる自己破産を検討しておく方が良いでしょう。

返済が困難になった時は自分にとってメリットの多い債務整理を選ぼう

借金の返済が困難な状況になっても、借金は自己責任だからと一人で抱え込んでしまう人は少なくありません。

ただ、返済できない状態を放置していても、遅延損害金などが増えるだけの悪循環に陥ってしまうだけです。

どう考えても完済できないと感じているのであれば、弁護士もしくは司法書士に債務整理に関する相談をすることがおすすめです。

債務整理は国が認めている借金救済措置のため、安全な形で借金の悩み改善を目指していくことができます。

任意整理・個人再生、自己破産にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

債務整理の手続きの選び方で困った時は、現在の借金の状況や、不動産などの財産を残していきたいかどうかなどを考え、一番メリットの多い方法を選んでいくと良いでしょう。

弁護士事務所や司法書士事務所で行われている無料相談を利用すれば、自分にとってどの手続きが一番向いているかなどのアドバイスを受けることもできます。

以上、債務整理のメリットにはどんな利点があるの?借金の返済に困った時の利用方法…でした。

関連記事

NO IMAGE

消費者金融や銀行のカードローンはアルバイトでも利用できるのでしょうか

NO IMAGE

債務整理をすると絶対に官報に掲載されてしまうの?なんとか免除してもらうことはでき...

NO IMAGE

借金問題に強い 弁護士

NO IMAGE

ソーシャルゲームが無料でも十分遊べるけれども課金のし過ぎには十分な注意を

NO IMAGE

カードローンの仕組みはどうなっているの?債務整理との関係性を調査

NO IMAGE

あちこちからお金を借りているのならば借金一本化することで楽になりますよ!