法律事務所ってどんな事務所なの?債務整理で利用することはできるの?

債務整理しようと思って弁護士さんに相談したいと思った時、法律事務所と弁護士事務所があってどちらに依頼したらいいのかわからなくなってしまったという人も多いかと思います。

弁護士事務所というのは「弁護士さんがいる事務所だ」というイメージがありますが、法律事務所とはどんな場所なのでしょうか?
弁護士について制度を制定している弁護士法によると「弁護士事務所」とは法律事務を生業とする事業体のことです。

一方「法律事務所」とは法律事務を行う場そのもののことを指すとなっています。

これだけ聞くと両者は違うような気がしますが、実ははっきりとした違いはありません。

どちらも弁護士が経営していたり、勤務していたりする事務所のことを指しています。

厳密に区別するとなると、弁護士法人のことを弁護士事務所、それ以外の事務所のことを法律事務所としていることもあるのです。

法律事務所①

法律事務書ではどんな業務をしているのでしょうか?
法律事務所は法律関係の業務をおこなう事務所であり、法律事務所で取り扱う案件は、大きく次の3つになります。

・民事事件
・刑事事件
・会社などの法務サポート

民事事件とは当事者間で紛争をおこなうものです。

損害賠償請求や話し合いなどを当事者同士で進めます。

裁判を起こすこともありますが、当事者間で和解となれば裁判途中でも解決できます。

自己破産や個人再生などの債務整理はこの民事事件に分類されるので、債務整理をしようと思ったときに法律事務所を利用するのは正解なのです。

法律事務所②

法律事務所で働いている人が全員弁護士さんというわけではありません。

法律事務所で働いている人は
・弁護士
・法律事務(以下:パラリーガル)
・秘書
に分かれます。

弁護士さんは法律のプロフェッショナルであり、法律事務所の中心的存在です。

弁護士さんがいなければ法律事務所は意味がないと言っても過言ではないでしょう。

日本で最も取得が難しい資格の一つであり、しっかりと法律について専門的に勉強をして経験を積まないとなることはできません。

また弁護士になるためには司法試験という国家試験に合格する必要があるのです。

パラリーガルは弁護士の指示により、法律案件に関する事務作業をおこなう職種であり、弁護士のサポートをするのが主な業務です。

これから弁護士になろうと目指している場合が多く、弁護士さんの卵というとわかりやすいかもしれませんね。

同様に秘書も弁護士のサポートするための職種です。

ただし秘書は案件に直接関わることはほとんどなく、弁護士のスケジュール管理や資料作成など、スムーズに業務ができるように裏方的にサポートをおこなっています。

規模の小さい法律事務所の場合には弁護士業務以外を同じスタッフがすべて兼任するケースも珍しくありません。

法律事務所③

法律事務所の大切な仕事の一つに債務整理というものがあります。

債務整理とは、借金がたくさん増えすぎて返す目処がなくなってしまった人が、生活を再建するために借金の負担を軽減、免除してもらうことです。

一言で債務整理と言っても3つのやり方があり、お金を貸してくれている業者との話し合いをして借金を減らす「任意整理」、裁判所にお願いをして借金の支払いを免除してもらう「自己破産」、そして借金をおよそ5分の1に減らす「 個人再生」があります。

借金で苦しんでいる人の中には、返済だけではなく厳しい取り立てによって精神を蝕まれてしまった人も少なくありません。

しかし法律事務所に債務整理をお願いした場合、貸金業者からの督促はピタッとストップします。

なぜ止まるのかといえば、弁護士から通知を受けた貸金業者は、返済の要求することが法律によって厳しく禁止されているからです。

自宅や職場に「お金を返しなさい」と訪問することはもちろんですが、電話、ファックス、メールなどでも連絡することができなくなってしまうのです。

取り立てが止むことで、これからの返済について冷静に考えられるようになるのです。

法律事務所④

法律事務所には法律のプロフェッショナルの弁護士がいるので、債務整理をお任せすることができます。

あなたにとって最適な方法を法律というルールに則って提案してくれるので、借金に苦しんでいてどうしたらいいのかわからなくなってしまったら、とりあえずまずは法律事務所に相談すると良いでしょう。

現状を把握した上で、あなたにとってベストな方法を提案してくれるだけではなく、その後の複雑な手続きも全部やってくれることでしょう。

法律事務所 債務整理まとめ

債務整理を依頼する際は、どの法律事務所を選んでも大丈夫というわけではありません。

必ず債務整理を得意としている弁護士がいる法律事務所に依頼するようにしましょう。

なぜなら法律事務所によって得意不得意があるので、債務整理を苦手としている法律事務所に依頼をしてしまうと、問題解決がスムーズにできなかったり時間がかかってしまう可能性があるからです。

さらに債務整理を依頼する際には、複数の弁護士事務所を候補に入れて費用をしっかりと比較しましょう。

そして口コミや利用者の感想もしっかりとチェックしましょう。

弁護士事務所の良し悪しは、実際に使った方の感想を聞くのが一番ですね。

良い法律事務所に巡り合うことができれば、ストレスフリーで債務整理をすることができるでしょう。

以上、債務整理するときには良い法律事務所にお願いするのが一番!…でした。

関連記事

NO IMAGE

プロミスの返済ができない状況になったら債務整理の利用を検討しよう

NO IMAGE

債務整理は家族にも影響を及ぼすのか?借金の返済をし易い状況に改める

NO IMAGE

消費者金融や銀行のカードローンはアルバイトでも利用できるのでしょうか

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

地方再生を活用するには個人の借金を大幅に減額して返済を計画していく

NO IMAGE

債務整理すると車はどうなる?残った車のローンは?