なぜ債務整理2回目も起きてしまうのか?背景にある原因と対策を徹底解説

債務整理2回目①原因は何か

人生の中で債務整理を行なうのは1度きりと誰しもが思いますが、中には債務整理2回目を行なう人もいます。

なぜ1回目の債務整理で終わらないのかその原因を探っていきたいと思います。

一番多いのは借金癖から抜けられないということです。

本来借りられないはずの借金が何らかの方法で借りることができてしまった場合、我慢できなくなって借りていきます。

債務整理1回目のときに持っているクレジットカードや消費者金融を申告しますが全部申告しなくてもいいのです。

手を付けてないカードがあれば債務整理が終わったあとも使えることがあります。

債権会社の方で再審査をしないかぎり債務整理を行なっていることがわからないので、横のつながりがない債権会社のカードで借金できます。

返済が遅れてしまうと抜き打ちで審査を行なうので、そのときに発覚して利用を停められます。

債務整理で毎月払っているのがあるとすれば、新たに借金したら払えなくなっていくので債務整理2回目が起きるというわけです。

債務整理2回目②法律事務所はどこがいいのか

前回相談したのと同じ法律事務所がいいのか、債務整理2回目は他の事務所がいいのか迷うところではありますが、結論からいえばどこの法律事務所でも受け付けてくれます。

前回と同じ事務所の方が統計いくら支払えばいいのかわかってくれるので月々の支払いを再計算していきます。

新規で他の事務所に申し込むと過去の債務整理のことは隠せます。しかし毎月の返済額を自分で減らして払える範囲で相談しなければなりません。

働いているのにあまりに低い返済額にしてしまうと怪しまれるケースも出てきます。

債権者によっては債務整理中に借りたのがわかると任意整理に応じてくれなくなるため、個人再生で話し合うことになっていきます。

任意整理は債権者と弁護士が話し合うものですが、個人再生は裁判所で話し合っていきます。

債権者が応じないとかなり長い期間要することになり、支払額が確定するまで精神的に辛い日々が続きます。

どこに相談するかは自由ですが弁護士や司法書士に払う費用も出てくるので、法テラスのような国が設立した事務所に相談するのもひとつの方法です。

債務整理2回目③破産になることが多い

破産から7年以上経っていれば債務整理2回目も破産手続きをすることができます。

前回の破産から7年経っていないと免責が許可されないことがあるので、そこら辺は裁判官、弁護士、債権者の3者で話し合っていくことになります。

債務整理1回目で任意整理や個人再生をしたのであれば債務整理2回目も任意整理で解決できることがあります。

しかし債権者によっては強気で攻めてくるため個人再生で話し合い、それでも折り合いが付かなければ破産手続きとなります。

前回から7年経っていれば弁護士は破産を勧めてきます。

債務整理2回目となるとメンタルの方がやられていくのでそこら辺は強く持つようにして前向きな考えで進んで行かなければなりません。

2回目の債務整理のときは隠し事がない状態で、使ってないクレジットカードがあったらすべて解約して、カードに鋏を入れて使えなくするなど自分で対策していかないといけません。

債務整理3回目はないと思って破産手続きを視野に考えていくことが大事です。

債務整理2回目④街金に頼ると危険

債務整理2回目になると法律事務所に相談しずらくなっていきます。そこで街金に頼ると今度は生活まで脅かされてしまいます。

借りるときは優しい街金ですが利息が法定外なので、ほとんどの人は返せないで利息だけを払い続けることになります。

短期間で雪だるま式に増えていくため夜逃げを覚悟しなければいけなくなってきます。

法律事務所に相談しても街金は暴力団のことが多くメンツをかけて挑んできます。

相談先が警察になることもありますからくれぐれも街金には頼らないようにして下さい。

どこだかわからない貸付け業者のチラシがポストに入ってくるのも街金です。

携帯電話の番号だけで月10万から30万円の融資の案内が来て相談してしまうと簡単に貸してくれます。

一度借りてしまうとその後話しを変えてきて利息を増やしていく可能性もあります。

債務者の弱みにつけこんで借金を増やそうとしていくので、数ヵ月後には大変な利息になってしまいます。

街金に頼るなら勇気を持って法律事務所に相談して下さい。

債務整理2回目まとめ

債務整理2回目をするなんて誰しもが思いもしません。原因は手を付けていないカードが使える状態にあることが最も多いです。

その次にスマホ決済などで現金化にできてしまうとき、後払いアプリで借りることができたりすることです。

借金癖があると安易な方向に行ってしまうので借りられるとわかれば飛びついていきます。

心理的にギャンブルや株をして倍にして返そうとしても全てを失っていきます。

病気や怪我をしたときも借金をして何とかしようと思い始めます。

国の制度を利用すれば借金を増やさなくてもやっていけるので、お金に困ったら債務整理2回目にならないうちに役所に行って相談することが大事です。

残ってるカードで借金を繰り返したり後払いペイで少額でも借金を作ると返済がかなり厳しくなり、結果的に破産へとつながっていくのが見えています。

街金に頼ってしまうと今度は警察沙汰になってしまいますから、くれぐれも街金には手を出さないように注意して下さい。

以上、債務整理2回目は本当にできるのか?街金に頼らない方法と破産への道…でした。

関連記事

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる

NO IMAGE

債務整理は家族にも影響を及ぼすのか?借金の返済をし易い状況に改める

NO IMAGE

法テラスで債務整理の手続きを開始すれば元金だけの返済ができるので完済できます!

NO IMAGE

債務整理のキャッシング体験談から学ぶ多重債務までの道のり四段階

NO IMAGE

クレジットカードの返済が厳しいなら債務整理を検討してみては

NO IMAGE

借金返済、債務整理とおまとめローンどちらを選ぶべきか