借金救済制度は国によって認められている債務整理のことで借金を減額や免除できる

どうしても現金が必要な時にお金を借りたのがヤミ金で、利子が高くてあっという間に借金が膨れ上がってしまったという経験があるかもしれません。

インターネットを見ると借金救済制度という言葉を目にします。

これは法律によって認められている方法で、借金を減らしたり、免除してもらう方法や手続きのことで、債務整理とも言われています。

債務整理を利用すると借金が減るという利点ありますが、ブラックリストに載ってしまうという問題も生じます。

今現在返せないくらいの借金があるけれど、借金救済制度を利用した方が良いか迷っている人は、弁護士に相談すると良いでしょう。

借金救済制度と過払い金の請求

借金救済制度である債務整理には、債務を減額したり免除したり、支払い期間を変更して、法律の力で借金を減らすことが出来ます。
債務整理の中には過払い金の請求、任意整理、個人再生、自己破産という方法があります。

過払い金とは本当は支払わなくてもよかったのに、債権者に余計に支払ったお金のことです。

過払い金を請求するとは、払い過ぎたお金を計算して、債権者から返してもらう手続をすることです。

どうして過払い金が生じるかというと、以前の金利は上限が29.2%でしたが、法律が改正されて上限の金利が引き下げられました。

そのため今の金利から見ると、金利を余計に支払っていたことになり、手続きをすることで返ってきます。

ところが過払い金を申請できるのは、借金を完済してから10年以内なので、早めの対応が必要です。

とりわけ長い間借金の返済をしていた人は返ってくる金額も大きいかもしれないので、過払い金があるかをよく調べてみましょう。

借金救済制度と任意整理

任意整理とは将来の利息を免除してもらう代わりに、残った借金は必ず3~5年で返すという内容で債権者と合意することです。

以前は金利を全て免除してくれる会社もありましたが、景気が悪くなり消費者金融の懐も厳しくなってきたので、現在では将来の利息だけを免除したり、利息の利率を下げるだけの会社も多いです。

任意整理を申請してから債務者の年収を見て、返済できる見込みが無いと判断されれば任意整理に応じてくれません。

それで任意整理をスムーズにするために、3~5年は継続して返せるだけの収入の見込みが必要です。

毎月の生活もあるので、借金の返済に充てられる金額は、手取りから家賃を引いた金額の3分の1程度でしょう。

もし手取り20万円で家賃8万円であれば、4万円前後が借金の返済に充てられる金額です。

さらに以前に同じ金融機関で任意整理を受けている場合には、金融機関から信用できない人と思われてしまうので、2回目の任意整理には簡単には応じてくれません。

借金救済制度と個人再生

個人再生とは、自分の家など自分の財産を持ったままで、借金を大きく減らしてもらい返済を3年間に分割してもらい、返していくという方法です。

減された借金を無事に完済出来れば、再生計画で免除された借金については、法律上の返済義務は生じません。

個人再生と任意整理には違いがあり、借金を返す点では同じですが、個人再生の場合は裁判所に申し立てをするので、任意整理のように債権者と直接交渉をすることはありません。

直接交渉をしないということは、裁判所に債権者を一括して申し立てることになります。

その時に家族や親族に借金していることを知られてしまいますし、連帯保証人がついている債務を除くことも出来ません。

任意整理であれば債権者と交渉するので、連帯保証人がいる債権者を除いて、なるべく他人に迷惑を掛けないように選択できます。

個人再生は借金している金額が大きく明らかに返済できない人が、自宅などの処分されたくない財産をそのままにしたい時に有効な手段です。

借金救済制度と自己破産

自己破産とはどうしても借金を返せない時に、裁判所に申請をして免責許可をもらい、返済を無くしてもらう手続きのことです。

一度自己破産後をすると残りの借金を返済しなくてもいいので、人生をやり直したい人に向いています。

既に返せないくらいの借金を抱えている人は、毎日の取り立てにストレスを感じていて自殺を考える人もいます。

弁護士に立ち会ってもらい自己破産の手続きをすると、弁護士から債権者に通知が行き、取り立ての連絡が一切来なくなります。

また債権者へ通知した後は、債権者とのやり取りは弁護士が代理してくれるので、精神的にはかなり楽になります。

自己破産では借金だけでなく、財産も自分で持つことが出来なくなりますが、手続きを終えてからもその後の最低限の生活をしていくのに必要な家電や日用品などは残しておけます。

借金救済制度 債務整理まとめ

国によって認められている借金救済制度とは債務整理のことです。

債務整理の中には過払い金の請求や任意整理、個人再生、自己破産という方法があります。

これらの方法を使えば法律に従って正当な手続きをして、借金を減らしたり、免除してもらうことが可能です。

クレジットカードの借金や家や車のローン、キャッシングで作った借金など、ほぼ全ての借金を減らすか、すべて無くしてくれます。

しかし債務整理を利用するとブラックリストに入ってしまい、5年間履歴が残るというデメリットもあります。

こうした個人の信用情報は新しくクレジットカードを発行する時や、ローンを申請する時の審査で引っ掛かるので注意が必要です。

以上、借金救済制度は国によって認められている債務整理のことで借金を減額や免除できる…でした。

関連記事

NO IMAGE

借金問題に強い 弁護士

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

債務整理は家族にも影響を及ぼすのか?借金の返済をし易い状況に改める

NO IMAGE

闇金の全貌を暴くその巧妙な手口や特徴とは?社会のグレーゾーンをあなたは目撃する!

NO IMAGE

司法書士の業務における活躍で債務整理との深い関係性による解説

NO IMAGE

債務整理でリボ払いで払い過ぎたお金は過払金請求で返ってくる!