債務整理を行う時に気をつけておくべき点を理解してスマホなどの契約を考える

債務整理中にスマホの端末購入代金の支払いが残っている

債務整理をする上で、スマホの端末を買った代金が残っているのであれば、その代金を滞納せずに全額支払ってしまう事が端末の買い換えをする上で大切です。

今までの回線契約を維持させるには、債務整理の中でも任意整理を行います。

この方法は、債権者と交渉をして債務の減額を目指していくもので、回線を維持していくには必須の条件です。

大手キャリアを整理対象に含めると、契約解除やサービス利用ができなくなってしまいます。

また、他社のサービスを使うのも難しくなるので注意しなければいけません。

スマホを使った料金の信用情報は大手キャリアやMVNOによって管理されているので、月々の使用料や端末を買った分割代金は、ローンやキャッシングなどとは分けて考えられます。

その為、任意整理をしても毎月滞納なしで支払っているのであれば、スマホを使ったり、買い換えたりする事に影響がありません。

但し、分割して買った端末代を滞納してしまっている場合は、あまりにも酷い場合は全て支払わなければ、買い換えはできません。

また、大手キャリアやMVNOからは端末の購入に問題がある者と認識され、新しく分割で買うのが難しくなります。

そうなってしまった場合は、大手家電量販店などでSIMフリーの端末、あるいは中古ショップでの中古品を買うのが無難でしょう。

債務整理中にスマホを利用する時に回線契約はどうなるのか

債務整理中であっても、大手キャリアやMVNOへの支払いが滞っていなければ、整理前と変わらずに回線契約を行えます。

注意する事は、任意整理しているのであれば、クレカが利用停止されている可能性がかなり高いという事です。

その時には、クレカを使って月々の料金を支払えません。

また、MVNOによっては、サービスを使うにはクレカ払いが必須になっている事があるので、そういったサービスを使えません。

大手キャリアや一部のMVNOでは、口座振替で料金の引き落としができるので、口座振替で支払っていけるように手続きをしておくと良いでしょう。

未納にならないようにしておく事で、新規に使えるようになります。

サービスを使えるMVNOが減ってしまいますが、債務整理中であっても全く使えないというわけではありません。

工夫をすれば、自分の望みを叶える事は十分に可能です。

事前に、どのような方法で使えるようになるのかを調べておくと、不安が解消されて安心に繋がります。

債務整理中にスマホを使うには、家族名義で利用ができる方法もある

月々の利用料や端末を買った代金が未納になっていて利用停止になっているのであれば、他の手段として家族に家族名義で契約をしてもらうという方法もあります。

この方法は、家族が月々の料金を滞納していなくて、通常通りサービスが使えている事が条件になります。

家族経由で使用料を支払ってもらう事になりますが、この方法であれば、債務整理中の人でもスマホを使えます。

これは、現代社会では連絡手段として広く普及しているので、様々な所へ連絡を取るのに欠かせません。

その為、通話・メールなどを使える状況にしておく事が、今後の為にも大切です。

家族名義で使えるようにしたら家族間通話が無料になるというメリットがあるので、通話料の節約に繋がるでしょう。

また、各種アプリのインストールは問題なく行えます。

どのプランを選ぶかは、家族と相談して決めると良いです。

家族の支払い能力次第ですが、あまり高いプランへの契約は、家族にとって大きな負担になってきます。

債務整理前にスマホの端末購入代金を一括で返済しないようにする

債務整理を行う前に注意しなければいけない事があります。

それは、整理前にスマホの端末を買った代金の債務を一括で返済しないという事です。

その理由は、任意整理をするという事は、債権者に対して平等に返済を続けるという事であり、スマホを買った代金を一括で返す事は違反行為になります。

手続き前に一括返済はしないようにしておく事が大事です。

このような特定の債権者に返済を集中して行う事を偏頗弁済と言います。

任意整理の中に、端末を買った代金の返済を含めてはいけません。

含めてしまうと、大手キャリアやMVNOから回線の契約の解除が行われ、更に他社との新規契約ができなくなってしまいます。

スマホを買った代金を支払っていくのは別途行うようにしておくと、スマホを使い続ける事が可能です。

任意整理が自己破産や個人再生よりも優れている点は、各債務者を整理に含めるケースと含めないケースを選択できる事です。

大手キャリア・MVNOは、整理対象から外しておく事で影響を受けずに済みます。

債務整理の際のスマホ利用のまとめ

やむを得ない事情で、債務の整理をしなくてはいけない事があります。

債権者との交渉によって支払い易い状況にしていくので、任意整理をする会社を選べます。

スマホを使い続けるのであれば、大手キャリアやMVNOを任意整理に含めないようにします。

契約や端末を買う事に関しては、滞納が無ければ、今まで通りに使い続ける事ができます。

滞納がある場合、状況によっては強制的に解約され、新規に使えなくなってしまう恐れがあります。

もし、このようになってしまった場合は家族に家族名義で使えるようにできる方法もあるので考えておくと良いでしょう。

スマホを使いたい場合は、債務整理には任意整理を選ぶ事がポイントです。

この方法であれば、大手キャリアやMVNOを整理対象の会社に含めなくて済むので、解約されてしまうリスクを避けられます。

条件が揃えば、整理前と同じようにスマホでの通話やメッセージ利用などを使えるようになりますが、条件が揃わなければ、利用ができない事もあるので、債務を整理をするには慎重に進めていく事が大切です。

以上、債務整理を行う時にスマホ自体は実際に使用可能なのか?…でした。

関連記事

NO IMAGE

カードローンの仕組みはどうなっているの?債務整理との関係性を調査

NO IMAGE

債務整理を任せたい弁護士の3つの条件「専門」「実績」「相性」

NO IMAGE

借金減額制度で合法的に借金を減らすことができる理由と内容を確認しよう!

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

債務整理でリボ払いで払い過ぎたお金は過払金請求で返ってくる!

NO IMAGE

クレジットカードの返済が厳しいなら債務整理を検討してみては