債務整理デメリットを最小限に抑えるにはどのことに注意したらいいのか教えます!

債務整理デメリット①資格取得に制限を受ける

債務整理で破産手続きをすると法律上さまざまな制限を受けることになります。

ひとつは仕事上の制限です。弁護士や税理士などの士業と言われているほとんどの資格が取れなくなってきます。

宅建なども破産してしまうと合格しても登録できなくなります。

試験は受けることができても復権するまでは認めてくれません。

仕事で資格を取りたいと思って受験勉強をしても、いざというとき破産が原因で先に進めないといったことがたくさんあり、債務整理のデメリットはかなり大きいといえます。

職業安定所で金融関係の仕事を紹介された場合でも破産していないか聞かれますから、面接に合格したとしても破産が発覚すれば金融会社で働くことはできません。

士業の中でも介護福祉士、作業療法士、保育士などは制限を受けないので資格は取れます。

警備の仕事はどうかというとこれも破産してしまうと断られます。

せっかく仕事があっても法律によって制限を受けてしまうので破産によるデメリットはいろんな方面で影響を受けます。

債務整理デメリット②破産すると古物商も厳しい

破産した後に仕事で制限を受けるなら自分で事業をすればいいではないかと思われる方もいます。

ビジネスの中で最も手軽にできるのが転売ですが古物商の資格が必要となります。

古物商は警察署に行って取得するのでそこでも破産していないか聞かれます。

中古品の扱いであっても制限を受けることになるのでビジネスをしようにも自由が利かなくなり、債務整理のデメリットは事業をする場合でもダメージを受けてしまいます。

会社員で役員にならなければ普通に働けるので復権を得るまで社員として働くしかありません。

高齢者だと警備の仕事しかないという方もいますが、破産した人は無理なので清掃の仕事を探すなどするしか方法はないです。

パートやアルバイトでも職種によって制限を受けるので、仕事が見つからなければ生活保護を受けるということになっていきます。

債務整理で破産をしないで個人再生や任意整理なら制限は受けないのでデメリットは最小限にすることができます。

債務整理デメリット③クレジットカードで制限を受ける

債務整理をしてからクレジットカードが作れるようになる期間は任意整理だと5年後になります。

破産の場合は5年といわれていますが、復権するまでに10年かかるので実際は5年から10年は新規で作るのは難しい状態です。

任意整理の場合でも横のつながりがある会社だと、過去に債務整理をしたという情報を共有しているので、5年後でも審査が通りにくくなります。

任意整理をしてからクレジットカードを作るのであれば、今まで作ったことがない会社を探すと審査が通りやすくなります。

銀行と消費者金融がつながっている会社だとかなり審査が厳しいので債務整理デメリットを受けます。

今はスマホで後払いアプリも登場してきているので、債務整理をしたことがあるなら、少額の融資を受けられる後払いペイを利用すると急な現金が必要なとき助かります。

後払いペイは破産をした人でも利用できるので、スマホで電話番号認証をすればその日から現金化にすることができます。

債務整理デメリット④過払い金請求

債務整理の過払い金請求の場合はどうなるかというと、債権者の会社で発行してるカードを新規取得するとき審査に落ちやすくなります。

過払い金はグレーゾーン金利の引き直し計算で戻ってくることがありますが、債権者にとっては返還したくない部分です。

法律事務所と債権者でやり取りして渋々過払い金請求に応じるわけですから、債権者の会社では債務者がブラックリスト扱いになります。

過払い金請求しないで全額返済すればいいかというと、支払いの遅れがあったときブラックリストに載ってしまい記録は残ります。

借り入れ件数が多かったり、借り入れ金額が多いと、支払い期日を守っていてもホワイトリストに載ることもあります。

要注意人物という形で記録されていくので多重債務者はいずれも審査が厳しくなっていきます。

審査の制限を受けてしまうなら最初から債務整理をした方がいいという考えもあります。

長年返済を続けているなら過払い金請求をして返済の足しにした方が債務整理デメリットがあるとしても得です。

債務整理デメリットまとめ

債務整理には過払い金請求や任意整理、破産がありますがその中で最もデメリットが少ないが過払い金請求です。

審査落ちするといってもその債権者の会社だけで、他の会社と共有してない限り知られることがないので債務整理デメリットは小さいです。

任意整理をしてしまうと信用情報機関に登録されるので債務整理の記録は残ります。

手続きを開始してから5年間はカードが作れないので多少制限は受けてしまいます。

破産の場合は復権まで10年を要するのでそれまでの間、古物商を必要とするビジネスや警備の仕事ができなくなりますから、債務整理デメリットの影響は大きいです。

審査を必要としない後払いペイであれば債務整理を受けても利用できるので、破産者であっても少額なら借りることができます。

破産者が後払いペイが払えなくなって破産手続きをすると、2回目となってしまい期間が短いと免責が降りないこともあるため利用には注意が必要です。

債務整理デメリットは多方面に及ぶので支払いが難しくなったら、個人再生か任意整理にしておくのが無難です。

破産は社会制限が多いので弁護士と慎重に相談してから行うようにした方が債務整理デメリットを最小限に抑えられます。

以上、債務整理デメリットの影響は破産が一番大きいダメージを受ける…でした。

関連記事

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる

NO IMAGE

司法書士の業務における活躍で債務整理との深い関係性による解説

NO IMAGE

個人間融資でお金を借りた場合に返せなくなったら債務整理はできますか?

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

どうしても苦しくなったのならば借金を減額してもらうことも可能ですよ

NO IMAGE

債務整理を行う時に気をつけておくべき点を理解してスマホなどの契約を考える