デビットカードは債務整理の影響を受けない?審査不要だから使えるって本当?

債務整理時のデビットカードの扱いとは

デビットカードは債務整理をしてからもそのまま使えるのか、新しく使えるのかはどうなのか気になります。

クレジットカードと同様に使えるので、やはり利用停止になってしまうとも思えますし、分割払いができないから大丈夫とも思えます。

そこで債務整理をしたときのデビットカードの扱いについて、徹底的に情報を頭に入れましょう。

債務整理してもデビットカードが使えるのかは、その後の暮らしを左右しますから、事前に知っておくと安心できます。

デビットカードの特長は審査なし

そもそもデビットカードは、自分の口座と連結していて、利用するとすぐに口座から引き落としされます。

そのため、利用は口座の残高までであり、分割払いやリボ払いもないので、いわゆる信用払いがありません。

その場払いかつ、残高までの範囲で利用できるので債務となることはありません。

しかしクレジットカードと同じで、その場で現金払いしなくていいので利便性が高いのもメリットです。

例えばVISAクレジットが使える店ならVISAデビットも利用可能ですし、ネットショップでも決済として使えるので手間がかかりません。

ところが作成するときには審査は不要です。

といっても信用情報の審査がないのであって、本人確認や不正利用の審査はあります。

デビットカードも決済方法の1つですから、本人確認は必須です。

また不正使用はカード会社としてもリスクが大きいので避けたいところです。

そのため、不正な申込ではないかの審査はされますが、支払い能力としての審査はありません。

そのあたりも審査に時間がかからずにスピーディーと言うメリットに繋がります。

デビットカードを債務整理のときに作る注意点

デビットカードは審査不要で作るので、作れるのでは?と期待できます。

しかし債務整理となれば、クレジットカードは作れませんから心配は多いでしょう。

では債務整理をしたときにはデビットカードは作れるのでしょうか。

結論から言えば、基本的には作成できますし、持っていたデビットカードは引き続き使えます。

というのも先程述べた通り、デビットカードは信用決済ではありません。

口座の残高の範囲しか使えませんし、即時引き落としだからです。

持っている金額内でしか使えないので、いわば手元にある現金と同じシステムです。

ですから、キャッシングやクレジットカードのように、今ない金額を払えるということではないので、問題がないのです。

実際に審査のときも信用情報を照会しませんので、債務整理中であることはチェックしません。

債務整理をしてもデビットカードは停止されませんし、新しく作ることも可能です。

ただし本人確認はされますので、身分証の提出などは必要です。

デビットカードのここだけは押さえておこう

デビットカードは債務整理中や債務整理後であっても、問題なく利用可能です。

これなら口座の残高の範囲内限定ですが、ネットショッピングなどでも使えるので便利です。

今やネットショッピングは利用する人も多いので、債務整理後の支払い方法としては、クレジットカードと同様に扱ってもらえるデビットカードはありがたい存在です。

しかし、デビットカードでは支払いできないケースもありますので、そこは頭に入れておく必要があります。

例えば公共料金や携帯電話代金、ネット代金などの支払いでは、会社によってはクレジットカードは対応していても、デビットカードでは不可ということもあります。

ですから、クレジットカードが使える=デビットカードも使えるではありません。

またETC機能を付けたデビットカードは、今のところ北國銀行のみです。

しかし北國銀行は発行対象を北陸在住の人のみとしていますから、誰でも作れるということではありません。

このように制限が加わってきてしまうのが現状です。

債務整理でもデビットカードは賢く利用しよう

債務整理で支払い手段が現金のみとなってしまっているよりは、デビットカードがある方が都合が良いことは変わりません。

例えば債務整理が信用情報に登録されている間は、何とかデビットカードで乗り切るのも1つの方法でしょう。

口座の残高までという範囲があるので、使い過ぎを正すこともできます。

当面は急な支払いがあればデビットカードで対応すると、生活の利便性は一定以上に保つことができます。

ただし、審査がないと言ってもデビットカードが作れないこともあります。

どんな場合かというと、デビットカードを発行しているのは多くが金融機関です。

その金融機関の口座を引き落としとしていることが多いからです。

逆に言うと発行している金融機関でローンやキャッシングなどしていて、それが債務整理になっているとデビットカードも停止になる可能性はあります。

1つの金融機関内なら、情報が共有されますからわかってしまいます。

そんなときには新たに債務整理と関係がない先が発行しているデビットカードを発行する方が無難です。

デビットカードは債務整理の頼れる支払い方法

債務整理するとカード関係はまったくダメというイメージがあると思います。

しかし実際はデビットカードに関しては債務整理には関係なく、利用し続けることもできます。

また新しく作ることさえも可能です。

これは信用情報を見ないからであり、口座の残高限りの利用だからです。

自分が持っている預金しか使えませんが、逆にそれを使い過ぎ防止のチャンスと見て使うことも可能です。

ですから、債務整理をしても口座の残高範囲内なら、手持ちがないときの支払いやネットショッピングの支払いはできます。

見た目もクレジットカードとデビットカードの違いはわかりませんから、周りの目を気にすることはありません。

これも債務整理がバレずに済むのでメリットになるでしょう。

ただし、使えない店もありますし、口座残高を把握しておく必要があります。

さらに、発行元が債務整理の対象になっていると、停止になったり断られたりすることもありますので、作成する先を一度検討した方がより確実です。

以上、債務整理しても支払い方法を広げてくれるデビットカードは1枚は持っておこう!…でした。

関連記事

NO IMAGE

債務整理は家族にも影響を及ぼすのか?借金の返済をし易い状況に改める

NO IMAGE

地方再生を活用するには個人の借金を大幅に減額して返済を計画していく

NO IMAGE

債務整理を行う時に気をつけておくべき点を理解してスマホなどの契約を考える

NO IMAGE

債務整理をすると絶対に官報に掲載されてしまうの?なんとか免除してもらうことはでき...

NO IMAGE

サラリーマンは何かと損をしていると思っている方々へ

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる