カードローンの仕組みはどうなっているの?債務整理との関係性を調査

初めてカードローンの利用を考えている人の中には、どんなシステムなのか疑問に思っている人も少なくないはずです。

そこでこの記事では、カードローンの特徴やメリットついて紹介します。

そもそもカードローンとはどんなサービスのことを指しているのでしょうか。

カードローンとは、貸金業者や金融機関が提供している、個人向け融資サービスのことです。

どうしてカードローンという名前になっているのかといえば、契約したときに発行してもらえるカードを使えばコンビニのATMや銀行などで現金を引き出したりすることができるからです。

最近ではカードを利用せずにインターネットで直接自分の口座にお金を振り込むことができるようになっているので、カードを利用しなくてもお金を借りることができます。

実際はカードを利用していないので「カードローン」という名称だとちょっと変なのですが、広い意味でカードローンと呼ばれています。

カードローンは申し込みをするときに利用限度額が設定され、その範囲内であれば何度でも借りることができるのがメリットです。

カードローン①

カードローンは申し込みをするときに利用限度額が設定され、その範囲内であれば何度でも借りることができるのが大きなメリットです。

一般的なローンの場合、いちど申し込みするとお金が借りることができるには一回だけで、もう一回借りようとすると全部返済が終わった後でももう一度申し込みをして審査を受けなければいけません。

これはなかなかに面倒なので、簡単にお金を何度も借りることができるというわけで、カードローンには非常に大きなニーズがあるのです。

またカードローンの場合、借りたお金を自由に利用することができるのもメリットです。

一般的なローンといえば、住宅ローンや自動車ローンなどがイメージしやすいと思いますが、これらのローンはそれ以外の用途に利用することはできません。

しかしカードローンは利用目的を問わないので、お借り入れをしたお金を自分の好きなように自由に使うことができます。

カードローン②

カードローンのメリットをさらに紹介していきましょう。

カードローンは契約時に設定された利用限度額の範囲内であれば、自分が好きなタイミングで何度でも自由にお金を借りることができます。

そして借りたお金は一括で返済する必要もなく、定期的にコツコツと少額ずつ返していけばOKとなっています。

もしまとまった収入があればそのタイミングで大きく返すと利子の節約になるので、いろんな人に最適なローンとして人気があります。

最近ではコンビニATMを使って借り入れと返済ができるサービスも増えてきているので、自宅や会社の近くでサッとお金を引き出したり返すことができます。

さらにネットに対応しているカードローンであれば、スマートフォンがあれば簡単にその場で融資を受けることもできるため、これ以上便利なサービスはないかもしれません。

数万円から十数万円、さらにそれ以上のまとまったお金を借りる場合には、保証人の設定が求められることがほとんどです。

しかしカードローンであれば、担保や保証人は必要ありません。

このようにカードローンというのは、現代人にとってなくてはならない最適なサービスでもあるのです。

カードローン③

カードローンを申し込みする場合には本人確認書類と、金融機関の通帳やキャッシュカードが必要になります。

さらに50万円以上の利用が必要な場合には年収を証明する書類の提出を求められる場合があります。

インターネットでのお申し込みの場合であれば、インターネット上で全ての手続きを完結できる場合もあります。

なぜ申し込みの時に年収を証明する書類が必要なのかといえば、貸金業法でルールとして定められているためです。

利用限度額は「総量規制」といって、他社を含めた借入額が年収の3分の1までになるよう制限されるというのが決まりごととなっているからです。

カードローンを利用するためにはしっかりと審査を受ける必要があるというのは覚えておきたいですね。

カードローンの申し込みをした時の審査でチェックされる内容は、申し込みをした人がきちんと返済できるかどうかです。

気になる審査の基準ですが、どの金融機関も内容についてはオープンにしていないので問い合わせても教えてもらうことができません。

カードローン 債務整理まとめ

カードローンは非常に便利ですが、便利さゆえに行き過ぎてしまうと借金がたくさんになってしまいます。

そのため、カードローンで借り入れをする場合に、申し込みをする前に自分の収入をしっかりと理解した上借りたお金をどういうタイミングで返済していくか、しっかりと計画を立てておきましょう。

具体的に説明すると、毎月の収入および支出を計算し、無理なく返済できる金額を算出してみます。

そして支出と返済額のバランスは、常に意識することが大切です。

便利なのでどんどん利用したくなりますが、頻繁にカードローンを利用する場合は、借りすぎていないか借入残高をこまめにチェックしましょう。

またこれから大きな支出がないか、先のスケジュールまで確認しておくことをおすすめします。

カードローンの利用しすぎによって債務整理になってしまったというケースも珍しくないので、しっかりと計画的に利用する必要があるでしょう。

ルールと限度を守って自分の返済能力を過信しなければ、よほどのことがない限り債務整理に巻き込まれることはないでしょう。

以上、カードローンの仕組みはどうなっているの?債務整理との関係性を調査…でした。

関連記事

NO IMAGE

レイクALSAは借り入れ最短1時間で初回無利息期間最大180日!

NO IMAGE

なぜ債務整理2回目も起きてしまうのか?背景にある原因と対策を徹底解説

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

法律事務所ってどんな事務所なの?債務整理で利用することはできるの?

NO IMAGE

キャバクラで働いてもなかなか借金が減らないのが現実です