債務整理は自分でもできる?可能性とメリット・デメリットを徹底解説

債務整理は自分でできるのかどうかを詳しく知りたいと思っていませんか。

自分でできるのならやりたいけれど、弁護士や司法書士に相談しなければならないのならあきらめようと考えている人もいるでしょう。

債務整理は資格を持っていない個人でもできるものなのでしょうか。

実は債務整理は自分でもできないわけではありません。

この記事では自分でできる債務整理の内容やメリット、デメリットをわかりやすく解説します。

自分でできる債務整理の種類

債務整理の中には自分でできる種類もありますが、すべての債務整理を個人でおこなうことができるわけではありません。

債務整理には大きく分けると任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

個人再生と自己破産については弁護士に依頼して進める必要があるため、個人が自分でやろうとしてもできません。

手続きの流れを知っていたとしても、必ず弁護士に相談して手続きを依頼しなければならないので注意しましょう。

しかし、任意整理は自分でもできます。

任意整理はわかりやすく言うと債権者と交渉して借金の返済期間を引き延ばしたり、借金の金額を減らしたりして返済できるようにする手続きです。

過払い金の請求にも任意整理がよくおこなわれています。

債権者と交渉して合意書を締結できそうなら、任意整理を自分でやって問題はありません。

どのくらいの借金があるかがわかっていて、きちんと整理して返済計画を立てられるようなら自分で債務整理をするのも良い方法です。

債務整理を自分でできるか考えることが必要

債務整理は自分でできるのは確かですが、本当に借金を減らしたり、毎月の返済額を調整したりする手続きを進められるかどうかは慎重に考えた方が良いでしょう。

任意整理を自分でおこなう場合には、まず債権者に対して取引履歴の開示をしてもらわなければなりません。

この手続きは開示請求書を提出するだけで応じてくれるので特に問題にはならないでしょう。

次に交渉のための要件整理をする必要があります。

返済額の交渉をする場合には収入や支出を整理して、毎月いくらまでなら返済できるかを確認するのが重要です。

客観的に見て返済可能な金額を明確にして、根拠を持って交渉しなければなかなか債権者に応じてもらえません。

過払い金請求なら引き直し計算をして払い過ぎた利息分がいくらなのかを明確にすることが必要になります。

このような準備を整えて交渉できるかどうかをよく考えてから自分でやるか、弁護士や司法書士に相談するかを判断しましょう。

債務整理を自分でやるメリット

債務整理を自分でやるのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

大きく分けると債務整理を自分でおこなうメリットは2つあります。

1つ目のメリットは任意整理にかかる費用を減らせることです。

弁護士や司法書士に相談して任意整理をするときには弁護士費用や司法書士費用がかかります。

相場としては債権者1件あたり2万円~15万円くらいです。

司法書士の方が相場が安くて2万円~5万円くらいで対応してくれるのが一般的になっています。

自分で任意整理をすればこの費用をゼロにできるのがメリットです。

実際には交通費や通信費と印紙代程度で任意整理をすることができます。

2つ目のメリットは弁護士や司法書士を選んだり、相談したりする手間を省けることです。

どの専門家に相談するかは債務整理をしようとしたときに悩みになる点です。

自分でできるならやってしまおうと決断することで、相談先選びで苦労することなく、すぐに任意整理を始められます。

債務整理を自分でやるデメリット

債務整理は自分でできるのに弁護士や司法書士に相談している人が多いのはなぜなのでしょうか。

実は債務整理を自分でやるのにはデメリットがあるからです。

メリットと同様にデメリットも2つあるので注意しましょう。

1つ目のデメリットは任意整理しか選択できないことです。

個人再生や自己破産は選べないので、すべて任意整理の手続きで借金や過払い金の対応をすることになります。

任意整理では個々の債権者との交渉する必要があるため、5社から借り入れをしていたとしたら5社それぞれと交渉して合意書を交わさなければなりません。

借入先が多いほど手間も労力も大きくなるのが問題点です。

2つ目のデメリットは任意整理の交渉があまりうまくいかないことが多いことです。

プロとして第三者の立場で交渉を進めてもらえるため、弁護士や司法書士による交渉は成立しやすい傾向があります。

しかし、債務者本人が交渉しても泣き寝入りのように思われてしまってなかなか応じてくれません。

交渉が破綻してしまうことが多いのがデメリットです。

債務整理を自分でやるには苦労がある

債務整理は自分でできるのは事実で、任意整理でうまく債権者と交渉を成立させることができれば借金の負担を減らせます。

場合によっては過払い金が返ってきたり、借金の総額を減らしたりすることも可能です。

しかし、債務整理として任意整理しか選べず、交渉のための準備もかなり大変なので注意しましょう。

苦労をして準備したのに、いくら交渉をしても任意整理を断られてしまうこともよくあります。

自分で債務整理をやるのはかなり難しいと考えた方が良いでしょう。

弁護士や司法書士に依頼すると数万円の費用がかかりますが、ほとんどの書類の準備も債権者との交渉もすべてプロに任せることができます。

交渉も成立しやすいので借金の負担を軽減できる可能性が高いでしょう。

状況によっては個人再生や自己破産も含めて考えて、最も自分に合っている方法で債務整理を進められます。

債務整理は自分でやるべきかどうかはメリットもデメリットも含めて考えて決めるのが重要です。

以上、債務整理は自分だけでできる!弁護士や司法書士に依頼する債務整理の違い…でした。

関連記事

NO IMAGE

090金融にはどんなにお金に困っていても絶対に近寄ってはいけない!

NO IMAGE

債務整理でリボ払いで払い過ぎたお金は過払金請求で返ってくる!

NO IMAGE

債務整理をすると絶対に官報に掲載されてしまうの?なんとか免除してもらうことはでき...

NO IMAGE

債務整理すると車はどうなる?残った車のローンは?

NO IMAGE

どうしても苦しくなったのならば借金を減額してもらうことも可能ですよ

NO IMAGE

債務整理を行う時に気をつけておくべき点を理解してスマホなどの契約を考える